家賃に消費税

借主に家賃の増額を告げる家主もいるようで

消費税が増税したことを理由に、借主に家賃の増額を告げる家主もいるようで、ちょっとした混乱が起こっているようです。
法律上では、居住用の賃貸物件の家賃は非課税なので、消費税はかかりません。

 

ですので、「家賃に消費税がかかるから」という説明をする家主さんはちょっと怪しいかもしれないですね。
とはいえ、家主の方も賃貸物件を維持管理するのに、もろもろ、かかる費用があります。

 

その費用は非課税というわけにはいかず、消費税がかかっているわけですが、それを理由に家賃をひきあげると告げるということなら、根拠がないわけではなさそうです。
大家さんもつらいよ。

 

というところでしょうか。
居住用の家賃の非課税の例外は、1カ月未満の居住用家賃です。

 

ウィークリーマンションの契約などはこれに該当しますね。
それから、駐車場料金を払っている場合も課税されますので、これも消費税増額とともに駐車場料金も増額します。

 

家賃は非課税といっても、結局なんだかんだと値上がりすることになりそうですよね。