家作りの注意、土地はとても大切です

家作りの注意、土地はとても大切です
マイホームというと、誰もが憧れるもの。
ハウスメーカー、土地、家の大きさ、色、形、テイストなど、決めていくものはたくさんあります。
その中でも、土地は一生を左右するものです。
地域性や治安や子供の学区は全て土地の場所によって決まってしまいます。
学区や治安などはある程度、ホームメーカーからの情報もあるでしょう。
しかし、とても重要なもの、それは「町内会」です。
新しい団地や、そもそも周りに家が少ない場所では気にする必要はありません。
古くからある団地やお年寄りの多い地域には、必ずと言っていいほど「町内会」があります。
役割や地域を守るためには、とても必要な組織になります。
しかし、元々近所付き合いが苦手な方や、目的を持って家を建てる方は、土地を購入する前にしっかり調べておくことをおススメします。
近年では、隣に住んでいる方の顔も知らない、話もしないという人が増えてきています。
そんな中「町内会」は地域で助け合い、自分の住んでいる場所を把握することや、大切にする事が出来ます。
子供がいる方には安心要素になるのではないでしょうか。

家を購入する時の業者選びのポイント

家を購入する時の業者選びのポイント
家を購入しようと考えた場合、業者選びが何よりも大切になります。
注文住宅だけでなく、マンションや建売などの場合でも、どこの業者が建てたものであるかは、家の基礎や構造に関わってくるため、きちんとチェックする必要があります。
また、将来の保証、メンテナンスにも大きな影響があります。
ハウスメーカーの中から選ぶ場合は、モデルハウスに行くようにしましょう。
モデルハウスに行った場合は、内装の豪華さに目を奪われるのではなく、基礎、構造、外壁などをしっかりと見るようにすることが大切です。
また、現地説明会などにも参加してみるようにしましょう。
マンションの場合は、同じ業者が建てたマンションを見に行った方が良いです。
もちろん、中を見ることは出来ませんが、それでもイメージは掴めるはずですし、もし住人と会うことができたら、評判を聞いてみるようにしましょう。
どのような家でも、業者であっても、その家に実際に住んでいる人の話を聞くのが、一番良いです。
難しい場合は自分の目でしっかりと見て、判断するようにしましょう。

家を建てるなら

家を建てるなら
家を建てるなら業者を依頼する必要があります。
業者については、ハウスメーカーへ依頼したり、建築家へ依頼したり、工務店へ依頼したりする方法があります。
それぞれに特徴があり、コスト面なども変わってくるため、慎重に選ぶことが必要です。
地元の工務店に依頼すれば、予算に合わせて建てて貰うことができます。
意思疎通もしやすいので、思うような家を建てやすいというメリットがあります。
地元ですからメンテナンスについても依頼することができます。
相性のよい建築家を見つけることができれば、デザイン性やこだわりに合った住宅を建てて貰うことができます。
費用についても予算に合わせて貰うことができます。
ハウスメーカーの場合には品質が安定しています。
サポート体制もしっかりしています。
どのような家を建てたいのか、予算はどのくらいなのか、将来のことをどのように考えているのか、などをトータルで考えて依頼する業者選びをしていくとよいです。

新しく暮らすための家を見つけたいときは

新しく暮らすための家を見つけたいときは
高校や大学、専門学校などを卒業すると、いつまでも実家の両親には甘えられないので、どこかアパートやマンションを借りて、一人暮らしをしたいと思うようになるものです。
出来ることなら会社に近いところの方が、通勤しやすいので良いですが、アパートやマンションの数が多いと、どれを選んだらいいのかわからなくなるかも知れませんね。
そんなときには一戸建て住宅やアパート、マンションなど、家の情報が何でも載っている、不動産情報サイトから探すようにしましょう。
建物の外観の写真だけでなく、家の間取りまで載っていますから、それを見れば現地までわざわざ行かなくても、およその想像が付くので、複数の物件に絞りやすくなっています。
あとは予算に応じて、家賃が安く、敷金・礼金がゼロ、または少ないところを選べばよいだけなので、あっというまに引越し先を決めることが可能です。
たとえ築20年以上が過ぎていても、リノベーションやリフォームをしていると、綺麗なうえに安いので、それを狙うのも良いでしょう。

借主に家賃の増額を告げる家主もいるようで

消費税が増税したことを理由に、借主に家賃の増額を告げる家主もいるようで、ちょっとした混乱が起こっているようです。
法律上では、居住用の賃貸物件の家賃は非課税なので、消費税はかかりません。

ですので、「家賃に消費税がかかるから」という説明をする家主さんはちょっと怪しいかもしれないですね。
とはいえ、家主の方も賃貸物件を維持管理するのに、もろもろ、かかる費用があります。

その費用は非課税というわけにはいかず、消費税がかかっているわけですが、それを理由に家賃をひきあげると告げるということなら、根拠がないわけではなさそうです。
大家さんもつらいよ。

というところでしょうか。
居住用の家賃の非課税の例外は、1カ月未満の居住用家賃です。

ウィークリーマンションの契約などはこれに該当しますね。
それから、駐車場料金を払っている場合も課税されますので、これも消費税増額とともに駐車場料金も増額します。

家賃は非課税といっても、結局なんだかんだと値上がりすることになりそうですよね。